保険営業 いずれやらなければならないのなら、今やるべきです。

「数字があがらず、もう後がありません・・・」

「このままでは来月の査定で落ちてしまいます・・・」

この様なメッセージをいただくことがあります。

実は、売れない保険営業さんを集めての研修でも、この様な状況の方は多いです。

また、私のマニュアルを手にして下さった方の中にも、やはりギリギリまで追い詰められてしまってから、決意された方もおります。

この様に、ギリギリまで追い詰められている方ほど、改善は大変です。

単純に、タイムリミットまでの時間が少ないからです。

あと1ヶ月あれば、査定などクリア出来る成果を出せたのに、ということもあるのです。

あと1ヶ月前に踏み出していれば、辞めて行くこともなかったのに、ということもあるのです。

この様な方々は、このままではダメだということ、この様な結果になることを、自分でも予想出来ていたはずなのです。

しかし、変わるための努力、行動から逃げてしまい、想像通り、追い詰められてしまったのです。

言い方は悪いですが、逃げて来たツケが回って来たということです。

追い詰められてしまった方は痛感していると思いますが、いずれやらなければならないことならば、最初からやるべきだったのです。

このままではダメだ、変わらなければと思っているのならば、後回しにせず、今やるべきなのです。

逃げ回って後回しにして、しかし結局やらなければならなくなって、やっと行動したという場合は、成果が出るのも、その分遅いのです。

最悪の場合、成果が出る前にタイムリミットが来ます。

しかし、最初からやるべきことを、正しい方法で、しっかり行っていれば、最初から成果を出せたのです。

どちらもやることは同じです。

売れるために、やらなければならないのも、同じです。

だったら最初からやるべきなんですね。

その方が早いうちから成果が出るのですから、後からやるメリットは、何もありません。

大変だから、嫌だからと避けていれば、必ずツケが回って来ます。

このままではダメだ、変わらなければと思っているのならば、今からやりましょう。

この様な成果は、早いうちから出た方が良いですし、どんどん伸ばせた方が良いに決まっていますからね(笑)

折角頑張るのならば、成果の出る方法で頑張りましょう。