保険営業 「帰りたいけど帰れない」を解消する裏技(笑)

今回は、お客さんとの面談などで、「帰りたいけど帰れない」という問題を解消する裏技を一つ、お話しさせていただきます。

誰でも経験があるのではないでしょうか?

もう帰りたい、帰らなければならないのに、お客さんが話し好きで、なかなか帰ることが出来ないということ(笑)

結構年配のお客さんに多いですよね。

初対面では難しいのですが、2回目からは回避出来る方法があります。

携帯のアラーム機能を使います。

お客さんとの面談の前に、帰る時間を逆算し、アラームを設定しておきます。

その際のポイントは、初回アラームから、5分後、10分後と、3回分の設定をしておきます。

このアラームは、必ずマナーモードで、音が鳴らない様にして下さい。

お客さんとの面談の時に、着信音が鳴るのは失礼ですからね。

音が鳴らなくても、振動音でお客さんも気づきますから、大丈夫です。

この設定をしておき、初回のアラームで、

「もうしわけございません、ちょっと失礼いたします」

と、電話を確認します。

そしてすぐ、ポケットにしまいます。

話を再開し、2度目のアラームが鳴ると、ほとんどの場合、お客さんの方から、

「忙しそうだね、長々と話してすまないね」

という様にお話ししてくれます。

2回目でその様な言葉をいただけない場合には、3回目が鳴るまで待って下さい(笑)

3回目までには、大抵は「忙しそうだね」と、気遣ってくれるものです。

もしも、それでも話を続けて、どうしても帰る必要があるのならば、自分から切り出して下さいね。

大抵はこれで回避出来ますから、話が長くなるお客さんだと分かっている場合には、試して見てください。

ちょっとした裏技でした(笑)