保険営業 「元気な営業」は大切ですが、これは注意!

3月最終週ですね。

取りこぼしのない様、しっかり計画を立てて頑張りましょう。

さて、月曜日や休み明けは、何だかやる気が出ないという方も多いかと思います。

あなたの周りにもおりませんか?

何だか覇気もなく、ダラダラした印象を受ける営業。

これ、お客さんも敏感に察知してしまいます。

元気のない営業や、勢いのない営業の話は聞く気になりません。

人は、元気のない方と話すと、自分まで元気がなくなってしまう気がしてしまいます。

逆に、元気で勢いのある方と話すと、自分も元気になるものなんですね。

ですから、元気でエネルギッシュな人は、それだけで魅力的なのです。

ただ、注意しなければならないこともあります。

・ 必要以上に大きな声を出さない

・ 勢いと厚かましいを勘違いしない

ということです。

例えば、必要以上に大きな声で挨拶する営業さん。

運動部のように大きな声で挨拶し、話します。

これは、お客さんを不快にします。

会社への訪問時に、そんな挨拶をして入って来られたら、皆さん驚きますし、気分が悪いですよね。

丁度良い大きさの声でお話しましょう。

また、勢いのある行動と、ズケズケと厚かましい営業を混同してしまう方もおります。

もちろん厚かましく、売り込み臭い営業は嫌われますから、注意してください。

笑顔で元気、そして相手にも元気になっていただけるような営業を心掛けて見て下さい。

こちらの記事も、よろしければご覧になって見てください。