保険営業 「保険はもう入っているよ」の突破話法

今日は、保険営業でよく言われる断り文句「保険はもう入っているよ」の突破話法を一つ、ご紹介いたします。

特に飛び込みやテレアポの際に、よく受ける断りですね。

現在、ほとんどの方が、医療保険や死亡保険など、何らかの保険に加入している状況ですから、この断りを受けるのは当然のものとし、切り返し方、突破方法を身につけておかなければなりません。

「保険にはもう入っているよ」→「そうですか・・・」何て帰って来たら、前に進めませんからね。

この断りの切り返しは色々ありますが、最も使いやすいのが、「現在加入している保険内容の確認」に繋げることです。

「そうですか、既に保険にはご加入なのですね。

それは安心ですね。

よろしければ、ご加入中の保険の理解を深めるために、一度確認だけして見ませんか?

意外と内容を忘れてしまっているということもありますからね(笑)

折角加入されている保険ですから、しっかり納得と安心した上でご継続ください。」

この様な話から、確認に繋げます。

そして、お客さんと一緒に確認しながら、必要なアドバイスをさせていただき、見直しに繋げます。

見直しに繋げることが出来れば、あなたの意見をしっかり入れた提案が出来ます。

お客さんの興味を引き出すことも、必要性を感じていただけるお話も出来ます。

まずはお客さんと、お話しできる状況にすることが重要です。

内容確認なんてしても、契約にはならないと思っている方もおられますが、実は大きなチャンスになるんですね。

この話法が有効な理由は、お客さんの多くは、自分の加入している保険の内容を、しっかり理解しておらず、不安を持っているからです。

「そう言われれば、どんな保険だったかな?」

という気持ちがあるので、確認だけして見ようと思う方も多いのです。

「確認すれば、安心して続けられますよ」という様に、お話しして見てください。

これが、お客さんが食いつく「メリット」になります。

単純ですが、とても効果的な突破方法ですから、ぜひお試しになってください。

また、こちらもとても有効なアプローチ話法ですよ。