保険営業 「保険に回すお金が無い」と仰るお客さん攻略

今日は、「保険に回すお金が無い」と仰るお客さんに、関心を持っていただくための、大切なポイントについて、お話しさせていただきます。

「保険に回すお金が無い」「保険に入る余裕がない」というお客さんからの断りは、よく耳にすることかと思います。

飛び込みでの断り文句でも、結構多いですよね。

実際にお金に余裕がないという場合も多いですが、この様な考えを持っているお客さんの多くは、

・ リスクイメージが自分事になっていない

・ リスクから目を背けている

という場合が多々あります。

例えば、がんのリスクは何となく感じているが、自分は大丈夫だろうという考え方などですね。

がんになったら大変だという考えはあるが、どこか他人事なのです。

結局、ぼんやりしたリスクよりも、保険料が重要でネックなってしまい、後回しになってしまうんですね。

ですから、このぼんやりしたリスクを、実際に起こりうる明確なリスクとして、しっかりお客さんに考えていただくことが必要になります。

保険に回すお金が無いとは仰っているが、実際にはその様な理由があって言っているだけで、十分保険料を払える状態という方も多いものです。

お金が無いと言われたら、真に受けてそのまま諦めるのではなく、しっかりリスクを感じていただけるような情報を、継続して提供してください。

もちろん、お客さんの言い分はしっかり受け止めた上で、次に繋げて下さいね。

「そうですか。このご時勢ですから、やはり保険料も安いものではありませんよね。

分かりました。では、今加入を検討してくださいと言うお話ではございませんので、今後も○○さんのお役に立つような情報だけ、お届けにあがらせてください」

と言うような感じです。

必ず次に繋がるようにお話してください。