休みなしで倒れるまで働きたくないからこそ、方法が重要なのです

保険営業という業種は、うつ病になってしまう方が多いということを、以前何かの本で読んだことがあります。

実際に私の知り合いでも、精神的に参ってしまった方が結構いますし、自ら命を絶ってしまった方も知っています。

気軽に就いて、すぐに諦めて辞める方ならば、良いのかも知れません。

しかし、お客さんのためにも辞められない、家族のためにも辞められないという責任感の強い方ほど、追い込まれてしまうのでしょう。

会社に戻れば数字のことで詰められる。

休みもなく、朝から晩まで倒れるまで働き、精神的にも肉体的にも限界が来た時に、何か糸が切れてしまうんでしょうね。

こうなる前に、ぜひ誰かに相談して欲しいと思います。

成果も出せず、そんな状況になっているということを話すのは、勇気がいることだとは思います。

しかし、ここまで追い詰められる前に、友人や家族などに相談して欲しいのです。

追い込まれてしまうと、ますます思考はマイナスに働きますから、どこかで誰かに相談し、吐き出して欲しいのです。

もしもそれで仕事を辞めるとなっても、精神的に病んでしまったり、最悪の行動に出るよりは、ずっと良いです。

辞めて行くことの後押しをするのではありませんが、やる気になれば、他にも仕事はあるのですからね。

また、そんな状況にならない様に、必死で頑張っている方もいるでしょう。

しかし、これは何度もお話しして来ましたが、方法を間違っていて、やるべきこともやっていないのならば、いくら頑張っても成果は出ません。

いくら休みなしで、倒れるまで働いても、ダメなまま同じことを繰り返していては、成果は出ません。

成果が出ないのならば、それを振り返り、試行錯誤して、成果の出るものに変えなければならないのです。

ただし、これをやるには、本当に覚悟と行動が必要になります。

本当に、休みなしで、倒れるまで働く覚悟が必要になりますし、実際にその様な生活になります。

全て一から始めるって、それだけ大変なことなのです。

しかし、最初から正しい方法と、やるべきことが分かっていれば、試行錯誤が必要ありません。

成果が出ることだけをやれば良いだけなのですからね。

何をするのも同じでしょう?

美味しいカレーを作りたいのならば、美味しいカレーのレシピ通り作れば良いのです。

模型を組み立てたければ、設計図を見て、手順通りに作れば良いのです。

レシピもない、設計図もないというのでは、全て自分で調べ、考え、試行錯誤しなければならないのです。

保険営業も同じで、最初から成果の出ること、実際に成果を出していることだけをやれば良いのです。

休みなしで、倒れるまで働きたくないからこそ、方法が重要なのです。

そこまでやって見ても、やっぱり自分には合わない仕事だと思ったのならば、違う道を考えるのも良いでしょう。

しかし、やることもやらずに、自分には合わないと逃げてしまっては、きっとこれから先、何をやっても上手く行きませんよ。

まずは、追い詰められる前に、やるべきことをやりましょう。

まずはこちらでお教えすることを、そのまましっかり実践して見てください。

きっと現状は変わり始めますよ。