今は要らないという方に今売ろうとしても売れません

今回は、多くの保険営業さんがやってしまっている、嫌われる行動について、お話しさせていただきます。

お客さんが最も嫌がることは、「必要ないと思うものを、売り込まれること」です。

これは、お客さんの立場になれば、分かりますよね。

売り込まれて気分の良い人など、いませんからね。

しかし、自分が営業する側に回ると、不思議と売り込み営業になる。

分かっているはずなのに、わざわざ嫌われに行っている様なものです(笑)

では、なぜ多くの保険営業さんが、売り込んでしまうのか。

今は要らないという方に、必死に売ろうとするからです。

保険営業は、今要らないという方に売り込むのではなく、必要になる様に情報提供し、必要な時に商品をお出しすることが大切です。

売れない営業さんは、売ろうとするばかりで、お客さんを育てるということをしないので、嫌われるだけで成果が出ないのです。

今、要らないというお客さんは、今後必要だと思っていただける様に、育てましょう。

今要らないという方に売り込んでも、育てるどころか繋がりが切れてしまいますから、気をつけてください。

また、ダメだと分かっているのに売り込み営業をしてしまっているのは、もう一つ原因があります。

それしか方法を知らないからです。

ダメだと分かっているが、数字もあげなければならない。

しかし、その方法しか知らないので、ダメな方法で継続するしかない。

当然、いくら頑張っても成果は出ないのです。

ですから、正しい方法で活動し、お客さんを育て、刈り取れる実を増やすことが必要になるのです。

もしも、そんな方法しか知らず、嫌われるだけの活動をしているという場合には、こちらでお教えしている方法で活動して下さい。

まいた種からどんどん芽が出て、しっかり育ち、収穫出来ますよ。

見込み客がどんどん増えて行けば、無理に売り込む必要などなくなりますよ。