人のことを羨ましがる前にそうなろうとしましょう

研修や会合でも、たまにこの様なお話をされる方がおります。

「加藤さんはお客様も多く、紹介も沢山あるんでしょうね」

「加藤さんはノルマに追われて、毎日胃が痛いなんてないんでしょうね」

「加藤さんはもう収入や老後の生活なんて、心配ないんでしょうね」

「加藤さんは収入も十分ですから、生活や時間もゆとりがあるんでしょうね」

こんなことを言ってから、必ず「羨ましいです」なんて言われます。

確かに、ノルマに追われるという様なことはありませんし、売れずに悩む方々よりは、有難いことに収入もあるかも知れません。

金銭面での不安というものは、無いかも知れません。

ただ、恐らくその様なことを言われる方よりも、ずっと必死に目標を追っています。

ノルマではなく、真剣に自分の立てた目標を追っています。

そのために、可能な限り時間も労力も使います。

早い段階で目標達成出来れば、月の後半は精神的にも時間的にも、ゆとりは出来ます。

しかし、月の後半で、まだ目処が立っていないという状況ならば、休みなど関係なく働きます。

トップセールスと呼ばれる方々は、恐らく皆さんが同じような状況でしょう。

それだけストイックに数字、目標を追っています。

そして、確かに私は、紹介や追加契約での数字は多いです。

飛び込みなどに比べ、圧倒的に効率的に数字をあげています。

しかし、ここまで来るまでに、必死に動きました。

恐らく、売れないと嘆いている方々の何倍も動き、努力して来たと思います。

そんな新人時代、目標としている方に追いつこう、追い越そうという思いはありましたが、羨ましいなんて思ったことは、一度もありませんでした。

そんな余裕もありませんでしたし、決してその方に並ぶのは無理だとも思いませんでした。

恐らく、羨ましいなんて言っている方は、最初からトップセールスになるなんて無理だと思っているでしょう。

厳しい言い方ですが、高収入は欲しい、でも大変なことはしたくない、楽に数字をあげたい、そんな思いだけで、努力なんてしていないんですね。

高収入、ゆとりのある生活といったことばかりに目が行って、羨ましがる。

その裏の努力は見ていない。

1ヶ月交代して、どれだけのプレッシャーがあるのか、どれだけの活動をしているのか、体感していただきたいと思ってしまいます(笑)

人を羨ましがっているだけで、売れる保険営業になるための努力、行動をしないのでは、絶対に売れる様になどなりません。

人を羨ましがる前に、そうなろうとしましょう。

売れている保険営業、目標とする保険営業の後ろを歩くのではなく、横に並ぶのでもなく、抜こうとする意識を持って下さい。

この時点で「無理」と思う方は、やっぱり無理ですよ。

まずはここを一つの目標にして、羨ましがるのではなく、「目指して」見ませんか?

そうなるために必要な方法、活動は、しっかりお教え致しますから。

ここを最初から無理だと感じる場合は、これから先も売れないままですから、必ず方法を変えて下さいね。