コストをかけて折込チラシなどを入れるならば、こちらを試してください

たまに、この様なご質問をいただくことがあります。

「新聞折込みのチラシなどは、効果があるでしょうか?」

というものです。

折込チラシですが、私はほとんど効果がないと思います。

費用対効果が合いません。

私は折込チラシを試したことはありませんが、実際に行った方に話を聞いて見たことがあります。

1万枚配って反応はゼロという方や、2件資料請求があっただけ、という方もおりました。

「15万円かけて1件も問い合わせがないんだもの・・・嫌になるよ・・・」と落ち込んでいる方もおりました。

折込チラシは0.1%の反応が取れれば凄いことだと聞いたこともあります。

やはりどう考えても、割に合いません。

それならば、コストなどほとんどかからない、飛び込みするべきです。

と言うと、「ああ、飛び込みはしたくない、無理」なんて、聞いただけで拒絶する方がおります。

では、どうやってお客さんを見つけますか?

飛び込みもしない、フォローにも回らない、人のいるとことにも行かない、ただ何もせず、椅子に座っていても、お客さんは見つかりません。

だったら、まずは緊張しても、下手でも良いので、飛び込みの練習をした方が良いですよね?

もちろん、いつまでも飛び込みしなければならないわけではありません。

飛び込みで増やしたお客さんから、追加契約や紹介をいただき、少しずつ、そちらにシフトして行けば良いのです。

その準備がお客さんを増やすことであり、その方法の一つが、飛び込みなのです。

ただ、いくら慣れていないからといって、ただ闇雲に飛び込みの練習をしても成果は出せませんし、出せる様にもなりません。

ですから、最初から正しい方法、成果を出せる方法で練習し、練習しながらも成果を出していただきたいのです。

実際、まだ飛び込みに慣れていませんので成果は出ません、ということは通用しません。

成果を出せなければ、収入が減るのは自分なのですから、慣れていようが慣れてなかろうが、関係ないのです。

だからこそ、最初から成果を出せる飛び込みをしなければならないのです。

飛び込み嫌いな方ならば、折込チラシなどに逃げたくなるのも分かります。

しかし、コストはかかるが成果は出ません。

それならば、成果の出る飛び込みを頑張って見ませんか?

方法はお教えします。

決して難しくて出来ないことでも、実行出来ないようなことでもありません。

実際に、研修に参加している新人さんでも、しっかり出来て、成果を出しております。

慣れるまでは強い意志も必要でしょうが、慣れて来て、そして成果も出て来ると、今お持ちの苦手意識や恐怖感は和らぎ、自信がつきますよ。

苦手意識や恐怖感は、成果を出すことでしか消えません。

まずは一歩踏み出し、手応えを感じ、ご契約をいただき、一つ成果を出して見ましょう。

それが積み重なれば、気持ちも数字も、必ず変わりますから。

こちらに飛び込みの基本や重要なことについてまとめてありますので、よろしければご活用ください。