なぜ多くの保険営業さんが成果を出せず、すぐに辞めて行くかお分かりですか?

今日は面談が3件で、夜はPTAの集まりがあり、忙しい1日になりそうです。

休日に時間を作ってくれたお客さんに、感謝ですね。

本題です。

保険営業という仕事は、毎年大勢が就いて、大勢が辞めて行きます。

わずか1、2年で、大半が辞めて行きます。

その多くは、ほとんど活動もせず、成果を出せずに辞めて行く方々です。

しかし中には、一生懸命に頑張ったが、成果を出せずに辞めて行く方もいるのです。

行動もせず、成果が出ないと言いながら辞めて行く方には、正直なところ、かける言葉もありません。

そうなることは、自分でも分かっていたことなのですから。

一生懸命頑張ったが、成果を出せずに辞めて行くという方々には、ある特徴があるんですね。

なぜ多くの保険営業さんが成果を出せず、すぐに辞めて行くかお分かりですか?

その重要なことについて、2月26日のメールセミナーで、お話しさせていただきます。

26日の午後5時配信になりますので、こちらからご登録の上、お待ちください。

4月から保険営業に就くという方にも、本当に重要なことですから、ご覧になって見てください。