この様なことがたまにあるから飛び込みは面白いのです(笑)

先日、新人さんの研修で、この様な成果報告をしてくれた方がおりました。

「飛び込みで初回訪問のお客様ですが、その日にご契約のお約束をいただけました!」

詳しく伺うと、たまたま前日にご友人とがんの話になり、がん保険に入っておかなければならないと思っていたそうです。

そのタイミングに、丁度当たったんですね。

初回訪問で家に上がって話をさせていただき、そのままササッとプランも決まり、あとはお申し込みの手続きに伺うだけの状況になったそうです。

我々にとっては、理想のというか、かなりのラッキー案件です(笑)

この様なラッキー案件は、なかなか拾えることはありません。

しかし、たまにあるから、飛び込みって面白いのです(笑)

飛び込みが嫌で、足が前に出ない方は、これを頭に置いて下さい。

もしかしたら、次の訪問先で、このラッキーを拾えるかもしれません。

今日の飛び込みで、そんなラッキー案件が出るかもしれません。

しかし、回らなければ、絶対に拾えないラッキーなのです。

そのラッキーに当たるのはいつかは分かりませんが、まわる先のどこかには、必ずあるのです。

ですから、飛び込みは「数」が重要になるのです。

しかし、このラッキーだけを狙って飛び込みすると、とにかく数だけの勝負になりますから、非常に労力もかかります。

そして、運の要素も大きく影響しますから、数字も安定しなくなります。

これが、狩猟型の飛び込みですね。

私が新人さん達にお教えしているのは、この狩猟型飛び込みではありません。

この様なラッキーを拾いながらも、自分でチャンスを作り出す飛び込みを、お教えしております。

お客さんへのアプローチ、育成方法などをしっかりお教えし、お客さんの保険への関心や必要性を高められるようにするのです。

そうすることで、ただラッキー狙いで行動するのではなく、育成、刈り取り案件を作り出す活動が出来る様になるのです。

その様な案件を常に作り出すことが出来れば、毎月の数字も安定して来ます。

ですから、しっかりお客さんを見つけ、育てつつ、楽しみながらラッキーも拾える飛び込み方法をお教えしているんですね。

飛び込みは「数」と「方法」の二つが重要です。

成果を出せない方からすれば、飛び込みなんか楽しいわけがない、成果を出せる気がしない、と思うでしょう。

しかし、成果を出せる様になると、この様な変化が出て来ますよ。

ただただ辛いだけの飛び込みをするのではなく、しっかり成果を出しながら、楽しんで行えるようにしたいものですね。