お話を聞いて下さい、させて下さい、という時点で違いますよ。

● お話を聞いて下さい、させて下さい、という時点で違いますよ。

おはようございます、加藤です。

売れずに悩む営業さんのロープレを見ていると、この様なアプローチをしている方が多いです。

「少しだけお話をさせていただいてもよろしいですか?」

「ちょっとだけお話を聞いていただけないでしょうか?」

最終的に、この様な締め方になっているんですね。

もしかしたら、この様なアプローチをしておりませんか?

もちろん、話の流れで、この様な話をすることもあるでしょう。

しかし、これが基本になっている場合や、いつもこの様なアプローチになっている場合は、要注意です。

営業は、お話を聞いて下さい、お話をさせて下さい、という時点で間違っているのです。

営業側がその様なお願いをするのではなく、お客さんの方から、話を聞かせて下さい、と言っていただく様にしなければなりません。

では、なぜその様に言っていただけないのか。

単純な話、興味や関心を引けていないからです。

必要性を感じていただけていないからです。

要は、お客さんを育てられていないんですね。

これらが育っていれば、お客さんの方から話を聞かせて欲しいと言っていただけます。

この様な状態を作れる活動が出来ないと、見込み客も増えません。

逆に言えば、これがしっかり出来ていれば、見込み客はちゃんと増えます。

話を聞いて下さい、させて下さいばかりで、お客さんに話を聞かせて下さいと言っていただけないのならば、要改善ですよ。

改善方法は、こちらでしっかりお教えしておりますので、あとはただ実践するだけです。

「ちょっと話を聞かせて下さい!」というお客さんを、どんどん増やしましょう。

それでは今日も、頑張って行きましょう!