「頑張るのは嫌だけど売れる様にはなりたい」という保険営業さんは

いきなりですが、この様なことを言う子供がいたら、どう思われますか?

「勉強はしたくないけど、100点は取りたいんだよね」

「練習はしたくないけど、試合では大活躍したいんだよね」

「働くのは嫌だけど、将来はお金持ちにはなりたいんだよね」

「お腹が空くのは我慢出来ないけど、痩せたいんだよね」

もしも自分の子供がこの様なことを言っていたら、ちょっと呆れながらも、このままではまずいと、本気で思いますよね(笑)

「お前さ~・・・そんな都合の良いことがあるわけないだろ?

人生は楽なことだけじゃないんだから、辛くても目標に向かって頑張れよ!」

なんて教えませんか?

しかし、世の中の多くの保険営業さんが、これと同じことをしているんですね。

「頑張るのは嫌だけど、売れる様にはなりたい」

そんな都合の良いことを言い、都合の良いストーリーを妄想するが、大した努力もしなければ、目標を達成するための行動もしない。

子供には偉そうなことを言っているが、自分も同じように逃げている方が、残念ながら多いのです。

子供に教えるくらいですから、自分でも分かっているはずなのです。

しかし、目の前のやりたくないことから逃げてしまう。

ダメだと分かっていても、楽な方に逃げてしまう。

このままでは続けられないと思っていても、居心地の良いぬるま湯に浸かって逃げて、変わるための一歩を踏み出さない。

その様な状態で売れる様になりたいなんて、誰もが子供に教えている様に、そんな都合の良いことはないのです。

売れない現状を変えたい、変える!と思っているのならば、妄想するのではなく、行動しなければなりません。

嫌なことや大変なことを避けて、楽な方に逃げてばかりでは、絶対に改善しないのです。

しかし、頑張ったから売れる、というほど、現実は甘くはありません。

頑張ってはいるが売れない、という方も、多いのです。

頑張ってはいるが売れない、という原因は単純です。

やり方を間違っているからです。

何事もそうですが、成果を出すには、正しい方法というものが必要です。

クギを打つのだって、利き腕と逆の手に金槌を持っていたのでは、ちゃんと打てませんし、時間もかかってしまいます。

保険営業も同じです。

成果を出すには、正しい方法で活動しなければなりません。

まずは売れない現状を変えるために、一歩踏み出す決意をしましょう。

そして、正しい方法、成果の出る方法を身につけて、活動しましょう。

それが出来れば、ちゃんとこの様な成果が出る様になりますよ。