「お客さんを取られた!」と、お怒りの営業さんへ

冷房の効いた部屋から外へ、また涼しいところへ行って、また外へを繰り返すと、何だかだるくなって来ますね・・・。

体調を崩しやすい時季ですから、しっかり休息をとって、疲れを残さない様にしてください。

本題です。

たまに、この様なお話をされることがあります。

「自分のお客さんを他の営業に取られた!」

「自分のお客さんなのに、同じ会社の営業にさらわれた!」

もしかしたら、この様なご経験があるかも知れません。

各保険会社では、代理店や外交員同士のトラブル防止から、他の方のお客さんには手を出さないで~なんて、表向きの約束をしているところもあります。

しかし、「お客様のご意向です」の一言で、全てひっくり返ります。

保険という商品は、非常に需要のある商品です。

しかし、その商品を扱う営業もまた、非常に多い業界です。

その中で生き残って、並以上の成果を出し続けるにはどうすれば良いのか。

7月15日のメールセミナーでお話しさせていただきます。

これをしっかり理解しておかないと、「保険業界は飽和しているからもう売れないよ~」なんて、恥ずかしいことを言ってしまう営業になりますよ(笑)

15日の午後5時配信になりますので、こちらからご登録の上、お待ちください。