● 訪問理由がなくて再訪出来ないという保険営業さんは、理由を作ってしまえば良いだけですよ。

おはようございます、加藤です。

よくこの様なお悩みをお聞きします。

「お客さんに会いに行こうにも、用事や理由がなくて・・・」

営業は、お客さんとの接触が重要になります。

飛び込みでも、しつこくせず、少しずつ小分けに情報提供しながら、自分を覚えていただき、お客さんとの距離を縮めて、育てて行くことが大切になります。

お客さんは、知らない人間から物を買ったり、契約しようとは思いませんからね。

接触回数が増えるほど、お客さんとの距離は縮まり、警戒心も取れて、好感を持っていただける様になります。

もちろんマイナスの印象を与えれば、逆に接触回数が増えるほど嫌がられますので、要注意です。

しかし、接触回数を増やそうにも、一体どの様な理由で訪問すれば良いのか分からないという方も、多いでしょう。

用事がないのにお邪魔するわけにも行かないし、近くに用事があったので~何て言っても、だから何?って話だし・・・。

意外と悩むかもしれませんね。

そんな時には、用事、理由を自分で作ってしまえば良いのです。

「実は○○さんのお役に立つのではないかと思ったチラシがありましたので、お持ちしたんですよ~」

なんて言って、チラシを持っていくだけでも、用事、理由が出来ていますよね?

そして、売り込みなどせず、しつこく話したりもせず、サラッと立ち話でもして帰って来るのです。

するとお客さんも、この人は売り込んだり、しつこくしたりしない人だと覚えてくれるんですね。

ただ情報を持って来てくれただけなんだと、思って下さるのです。

ですから、次回もちゃんと対応してくれるようになります。

また次回訪問する時も、「先日のチラシはお役に立ちましたか?こんなチラシもありますので、よろしければご覧になって見てください」と言って、訪問すれば良いのです。

また、立ち話などが出来るようになると、使えそうなお客さんの情報が入って来るようになります。

例えば、お客さんが冷え性で悩んでいるなんて話を聞いたら、冷え性に関する情報を簡単にまとめて、お持ちしましょう。

簡単な情報でも、自分のことを覚えていてくれて、持って来てくれたということに、お客さんは喜んでくれるんですね。

この様な理由や用事を作れば、いくらでも訪問出来ます。

ポイントは、お客さんの役に立つこと、喜ぶことを、お客さん目線で考えて、理由や用事を作ることです。

先にもお話ししましたが、「近くに用事があったものですから~」なんて理由は、最悪ですよ(笑)

お客さんからすれば、用事のついでに寄られただけなんて、迷惑なだけです。

この様な活動をしていると、お客さんが増えるどころか、敵ばかり増えますから、要注意です。

正しいお客さんの増やし方も、育て方も、こちらでしっかりお教えしております。

お客さんが増えない、育たないという方は、ご覧になって見てください。

正しい活動をすれば、お客さんはちゃんと増えて行くのだということを、実感出来ますよ。

それでは今日も、頑張って行きましょう!

 

超実戦型 保険営業パーフェクトマニュアル

最終最強の保険営業術

飛び込み不要 超保険営業術

全業種対応 超営業術

全業種対応 飛び込み不要 超営業術

禁断の保険営業 契約獲得裏マニュアル

超実戦型 売れる飛び込み営業術

好感度大幅UPの有効話法&マル秘ハガキテクニック

売れる保険営業の秘密の裏技と極意配信メルマガ

売れる保険営業養成 10日間無料メールセミナー

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.