● 注意!保険営業でダメなことを一生懸命に続けるメリットは、何一つないですよ。

おはようございます、加藤です。

チビがテレビで釣りをしているシーンを観たらしく、釣りに行きたい!と騒いでおります。

そんなことを言われたら、行きたくなるじゃないか・・・。

行ったら行ったらで、割とすぐに飽き始めるのが面倒なところです(笑)

さて、今回は、そんな釣りと営業に共通する、大切なことについてお話しさせていただきます。

売れずに悩む方を集めての研修で、いつも不思議に思うことがあります。

「その活動よりも、まずはこれをやりましょうね」「その方法よりも、こちらの方が良いですよ」「そのままでは成果が出ないので、こうしましょう」「このままでは売れませんので、こうしてくださいね」

この様なお話をしても、いつまで経っても改善しようとしない方がおります。

これまでやって来ても、成果の出なかった方法で、いつまでもやろうとします。

そして、結局売れずに辞めて行く。

成果が出ないことが分かってるのに、成果が出ませんよとお話ししているのに、そのまま成果の出ない方法で頑張る意味はあるのでしょうか?

本当に不思議です・・・。

釣りを例にすれば、「そこには魚はいませんよ~」と地元の漁師さんが言っているのに、いつまでもそこで竿を出しているのと同じです。

「その仕掛けとエサでは釣れませんよ~、こうした方が良いですよ~」とプロが教えているのに、いつまでも見当違いな仕掛けとエサで釣っているのと同じです。

プロが教えてくれた場所で、プロと同じ仕掛けとエサを使えば、釣れるのにです・・・。

これ、単純に場所の移動が疲れる、仕掛けやえさの交換が面倒、という理由なんですね。

要は、大変なことや嫌なことはしたくないのです。

ですから、いくらこの様にした方が良いですよと言っても、動かないのです。

釣れるわけもないですし、売れるわけもありません。

釣りならば、休みの日に、心行くまで自分のやりたいようにやれば良いでしょう。

釣れても釣れなくても、面白いものですからね(笑)

しかし、営業はそうは行きません。

限られた時間で成果を出さなければなりませんので、ゆっくり自分のやり方で行動し、売れても売れなくても良いなんてわけには行かないのです。

道楽や趣味で釣りをしている方ではなく、最も効率良く魚を獲る漁師でなくてはならないのです。

獲れた魚が数字、収入ならば、どちらの方法で頑張りますか?

釣れない釣りよりも、効率良く魚を獲る方が、ずっと良いですよね。

それが「正しい方法」「売れる方法」で活動するということです。

どちらの方法で頑張るかは、自分次第ですが、私ならば迷わず漁師さんの方法で魚を獲ります。

釣りにしても、実際に釣れている方の方法で、釣りをします。

楽しんだ上に、晩酌のつまみにしたいですからね(笑)

私は釣りの腕はまだまだプロには及びませんが、保険営業で成功するための方法ならば、お教え出来ます。

その実績もありますので、それは自信があります。

まずは場所や仕掛け、エサを変える様に、この様なことから、すぐに出来ることから変えてしまいましょう。

遊びではなく、一生の仕事だからこそ、今変えることが大切ですよ。

 

超実戦型 保険営業パーフェクトマニュアル

最終最強の保険営業術

飛び込み不要 超保険営業術

全業種対応 超営業術

全業種対応 飛び込み不要 超営業術

禁断の保険営業 契約獲得裏マニュアル

超実戦型 売れる飛び込み営業術

好感度大幅UPの有効話法&マル秘ハガキテクニック

売れる保険営業の秘密の裏技と極意配信メルマガ

売れる保険営業養成 10日間無料メールセミナー

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.