ここでは売れている営業マンの方々や私の体験を通した成功する為の基本や心構えをご説明いたします。

「こうして失敗する」でご説明した内容と重複する部分もありますがご了承ください。

まず、失敗するパターンをご説明させていただきましたが、簡単に言えばその逆のパターンにすれば良い訳です。

一言でまとめると、

「お客さんの信頼を得て、無限連鎖を確立する」

ということになります。

ここまではご理解いただけたと思います。

さて、皆さんが知りたいのはその信用を得るためのテクニックや裏技でしょうか?

ですよね、正直信用を得て無限連鎖を確立させることが大切なのは皆さんご存知でしょうし、そんな基本的なこと言われなくても解っていると思われているかもしれません。

でも解っているけどうまくいかない、出来なくて業績が伸びないといったところでしょうか。

一度自分に正直に考えてみてください。

やっているのにうまくいかないのか、やななければいけないのは解っているがやらないのか、もしも後者ならここでご説明することを実行してもおそらくうまくいきません。

テクニックや裏技以前の問題ですので、もう一度本当に営業を続けるのか考えてください。

やる気があるのに、頑張っているのにうまくいかない方たちはこれかどんどん上へ行ける方たちだと思います。

是非私のやり方で共感できることがありましたら実行してみてください。

まず営業で大切なのは気遣いだということはお話しました。

でも実際気遣いってどうするの?と思われるかもしれませんね。

最初にご理解いただきたいのは、私が今からお話しするのは一般的なマナーや日常出来ていて当然な気遣いではなく、お客さんから好感と信頼を持っていただく為の気遣いだということです。

例えば、申込書をご記入いただく場面にしましょう。

「こちらにお名前をご記入ください」

という場面では名前を記入する場所をボールペンでは指しませんよね?

指をそろえて手のひらを上にしてこちらですとお話すると思います。

またご記入いただく際は自分のペンのキャップを開けてお客さんの前に差し出しますよね。

これは一般的なマナー、気遣いであって当然のことです。

契約を頂く為の気遣いではありません。

新卒の方で同期のかたがいましたら見てみてください。

この程度の常識が出来ていないかたが本当に多くいますから。

これらの基本はお客さんに好印象を与えられます。

礼儀作法のしっかりできる好感の持てる営業マンだな、と思っていただけます。

でもこれがスタートですから。

違いを出すのはここからの気遣いです。

では契約に結びつける為の気遣いとはどういうものかというと、お客さんが私のことをちゃんと考えていてくれている営業マンだ、と思わせる気遣いです。

そして、私のところに作業的に営業に来ている営業マンと思わせないことです。

例えば飛び込みで個人宅にお伺いしたときに赤ちゃんを抱いたお母さんが出てきたとしましょう。

自分は何者なのかしっかり名乗って目的を告げますよね。

一回目なので挨拶だけで帰ってくるのが無難です。

そして2回目にお伺いするとき、ここで好印象を持っていただく気遣いをお客さんに印象付けます。

一般的な営業マンは

「こんにちはー、○○会社の○○です。またお伺いしましたー。」

「先日は失礼しました、今日はこのようなパンフレットを・・・」

なんて感じで営業するのではないでしょうか?

実際新卒者に同行するとほとんどがそんな感じでした。

でもこれではお客さんに良い印象派もっていただけません。

ふーん。あの営業また来たのか・・・程度でしょうね。

ではどうするか。

ポストカードやちょっと綺麗な紙に一筆書いてポストに入れてくるのです。

それじゃ話ができないじゃないか!と思うかもしれませんが、お客さんがたかだか1回挨拶にきた営業マンと話なんかしてくれると思いますか?

ごく稀にそういう方もおりますが、その滅多にいない方に会うために多くの方から不快感をもたれることでしょう。

自分だったら1回挨拶に来ただけの営業マンに話を聞いてくれと言われても不快に思いますよね。

この一筆の内容ですが、この場合は

「先日ご挨拶させていただきました○○会社の○○と申します。

先日お伺いさせて頂いたときに赤ちゃんを抱いていらっしゃいましたので、チャイムを鳴らして起こしてしまうかと思いましたので本日は大変失礼ですがこのような形でご挨拶にお伺いさせていただきました。

またお伺いさせていただきます。」

なんて文章が一番好印象ではないでしょうか?

このような内容のメモを読んで不快と思う方はまずいません。

むしろウチに赤ちゃんがいることを覚えていてくれて、起こさないように気遣ってくれている人だと思ってくれるでしょう。

これで他の営業マンとは違うということをお客さんに印象付けられるのです。

この気遣いが契約に結びつかせる気遣いです。

ちょっとお宅の商品についてお話を聞かせて、なんて呼ばれたときもそうです。

手土産に高級なお菓子なんか持ってこられたらお客さんに気を使わせますよね?

これもらったら契約しなきゃいけないんじゃ・・・なんて警戒心さえもたれます。

それだったら

「これウチで咲いたんですけど、良かったら飾って頂けませんか?」

なんてちょっとした、花の一輪でも持っていったほうがずっと印象はいいものです。

値段の問題ではないのです。

私のために、私のことを考えて、と思っていただくことが非常に大切なのです。

こういった気遣いはできていますか?

成功している方は皆さん自然にこういったことができているものです。

こういった気遣いで好印象を持っていただき、人間性とマナー、話法で信用と信頼をしていただき、それをお客さんを通して無限連鎖させていくのです。

これが成功の秘訣です。

まだまだ色々なシーンに合わせたテクニックがありますが、それはまた小出しにお話しさせていただきます。

 

↓ 私、加藤の保険営業ノウハウを詰め込み、全力で書き上げた、超実戦型の保険営業マニュアルです。

加藤の保険営業ノウハウを、余すことなくお教えします!

現役トップ保険営業が教える「超実戦型 保険営業パーフェクトマニュアル」

↓ 私もアドバイス、監修させて頂き、自信を持ってお勧め出来るノウハウです。ブログではお話ししない秘密のテクニックも満載です!

最終最強の保険営業マニュアル。現役保険トップセールスが使う超実戦型、最強の営業術をあなたに全てお教えします。

現役保険営業マンが教える営業初心者を一気に売れる営業マンにする方法と即使える飛び込み不要のレター集!

もう飛び込み営業は嫌だ!!という営業マン必見の「飛び込みしなくてもガンガン契約をあげて、見込み客を増やす、あまりにも効率的な秘密の営業方法」を知りたくはありませんか?

飛び込み不要 超保険営業術

多くの営業初心者、売れない営業を売れる営業に変えてきた現役トップセールス集団、トップセールス養成塾がお教えする、全業種完全対応の最終最強の超営業マニュアル。

全業種対応!!現役トップセールス集団が教える営業初心者、売れない営業を一気に売れる営業に激変させるマル秘営業術

全ての業種に対応した飛び込み嫌いの営業マンを救う効果的、効率的なマル秘ノウハウ。その辛い飛び込みから開放されます。

全業種対応 飛び込み不要 超営業術

綺麗ごとだけではない、契約を獲得するための裏マニュアル

保険営業 禁断の契約獲得裏マニュアル

飛び込み営業が苦手、飛び込み営業で数字があがらない、本気で飛び込みで売れるようになりたい。その悩み、このマニュアルが解決します。

現役保険トップセールスが教える、超実戦型売れる飛び込み営業術

↓ 現在、飛び込み営業についての記事を中心に書いている、飛び込み営業力養成メルマガ講座です。

メルマガ限定 現役トップ保険営業が教える、売れる保険営業の秘密の裏技と極意!

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.