● 保険営業 クロージングでお客さんの「入ろう!」という気持ちを高める話法

おはようございます、加藤です。

今日は、お客さんの「よし、保険に入ろう!」という気持ちを高める話法を一つ、お話しさせていただきます。

クロージングの段階で、なかなか決断出来ないというお客さんの背中を押す際にも有効です。

まず、この様なことをお話しします。

「○○さん、保険なんて本当は使うことがないのが一番なのです。

ですから、これはどちらにもなりたくありませんが~」

と話し、

「入っていれば良かった」よりも、「入っていて良かった」という方が、ずっと良いですよ、ということを、ちょっと強調してお話しします。

この話の後に、加入していなかった場合の負担と、加入していた場合の給付による負担軽減を再度確認していただきます。

加入していなかった際に万が一のことがあった場合を、想像していただきましょう。

そして、「入っておけば良かった」という後悔をしたくないと思っていただきます。

そうすると、「やはり保険は必要だな」という思いが強くなるんですね。

お客さんの踏ん切りがつくようになります。

簡単な話法ですが、この様な背中をポンと押す話法は、非常に有効です。

成約率が大きく変わりますから、覚えておいて損はありません。

なかなか最後の最後で詰められないというお客さんがおられましたら、早速お話しして見てください。

こちらでは、そんな実戦的な話法も沢山解説しておりますので、実戦型話法を習得したいという方は、ご覧になって見てください。

話法はあなたの武器になりますから、多ければ多いほど有利ですよ。

それでは今日も、頑張って行きましょう!

 

超実戦型 保険営業パーフェクトマニュアル

最終最強の保険営業術

飛び込み不要 超保険営業術

全業種対応 超営業術

全業種対応 飛び込み不要 超営業術

禁断の保険営業 契約獲得裏マニュアル

超実戦型 売れる飛び込み営業術

好感度大幅UPの有効話法&マル秘ハガキテクニック

売れる保険営業の秘密の裏技と極意配信メルマガ

売れる保険営業養成 10日間無料メールセミナー

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.