● 保険営業 「保険は一杯入っているよ」の切り返し話法

おはようございます、加藤です。

今日は以前にもお話しさせていただきました、飛び込みしていてもよく聞く断り文句、

「保険は一杯入っているよ」

「保険は沢山入っているから要らないよ」

これらの基本的な切り返しの1例を、お話させていただきます。

大切な基本になりますので、確認の意味でご覧ください。

飛び込みに慣れていない方は、この断り文句を言われた場合、

「そうですか、分かりました」

何て言って帰ってきてしまうことも多いでしょう。

慣れるまでは仕方がないことかもしれませんが、少しずつでも攻略していかないと、いつまでたっても引き下がってくる事になりますから、ちょっと練習してみてください。

では切り返しの例を見てください。

お客さん「保険はもう沢山入っているから要らないよ」

営業「そうですか、すでに沢山の保険に加入しておられるのですね。

それでは現在ご加入の保険に無駄がないか見直してみませんか?

というのも、保険に沢山入っているからこそ、重複して保障がついていたり、過剰な保険に加入している場合も多いのです。

ですから、私は保険のお勧めをするのではなく、無駄を無くすお手伝いをさせていただきたいのですが、いかがでしょうか?

もちろんお金はかかりませんし、お時間もさほどかかりませんから、この機会にどの様な保険に加入しているのか、確認して見ましょう。」

シンプルにまとめましたが、この様な流れです。

これ、実はかなり効果があります。

というのも、沢山保険に加入している方というのは、多くの場合、自分がどのような保険に加入し、どのような保障があるのかを全て理解出来ていません。

とにかく色々加入しているから大丈夫だろうと思っているのです。

しかし、反面は、理解していないため不安だという思いもあるのです。

ですから例のような切り返しは、お客さんからすれば納得行く話なのですね。

そして、お金も時間もかからないことを伝え、安心していただくのです。

「じゃあ、見直しだけお願いしようかな」

という方が多いのですが、ここから面談まで持ち込めれば、あなたの扱う保険への乗り換えチャンスも出てきます。

もちろんお客さんの不利益になることはいけませんが、あなたの提案する保険の方が、今の保険よりもお客さんの役に立つのであれば、それを提案すれば良いのです。

ご存知のように、飛び込みで契約をあげるのに、一番のポイントになるのは面談へ持ち込めるかどうかです。

ここをクリアするためにも、この切り返しはしっかりマスターしてください。

その他にも、

「沢山の保険に入っているからこそ、保障が重複してしまっていたり、無駄が出ている可能性もあります。

もしかしたら、無駄を無くし、ギュッとスリム化出来るかも知れませんから、一度確認だけして見ませんか?

保険料も安くなるかもしれませんよ?」

と言うように、保険料を下げられるかもしれないということを、意識付けするのも効果的です。

保障も大事ですが、やはり保険料には一番関心があるんですね。

なお、今回の様な切り返しはもちろん、お客さんの関心をグッと引くアプローチなど、実際に現役のトップセールスが使う実戦型営業術は、こちらに詰め込んであります。

1ヶ月、しっかり取り組んでみてください。

大きな変化を感じられるかと思います。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.